英語を話せるようになるには?

🎵 英語の学び方は百人百様 🎶

最近よく「どのようにして英語を話せるようになったんですか?」
と聞かれますが、「これです!」という明確な答えはないのです。

カナダに留学経験がありますと言うと
「やっぱりー」という反応がありますが
留学した方や英語を勉強している方なら納得されると思うのですが
留学したからといって話せるようにはならないですね(^_^;)

カナダに滞在中も多くの日本人に出会いましたが
何十年カナダに住んでいる人でも、片言の英語の人も
いましたし、観光ビザで6ヶ月だけ来ているという人で
ネイティブかと思うほどの素晴らしい発音で上達している人も
いました。

上達している人に共通して言えることは
「自分がどうなりたいかがはっきりしていて、それに向けて
日々の自分の環境から自分で作っていた」ということです。

私はそこまで徹底してやってはいませんでしたが
常に自分の環境は意識していたと思います。
なぜなら日本にいたらこんな英語環境を作りたくても作れないし、
必要も感じないのですから、こんなチャンスは絶対にないと思ったからです。

でも私の英語力が一番上がったと思うのは、
カナダに滞在した時でも英会話学校に通っていた時でもなく、
日本で自分で本当に楽しく感じて勉強していた時でした。
そのような時期が2回ほどありました。

1回目は、カナダに数年滞在する前に、
アメリカの友人宅に“お試し海外滞在”という感じで
数か月泊めてもらったことがあるのですが、
その滞在中に、あまりの自分の英語の通じなさにショックを受け帰国後、
大学の社会人向けのビジネス英語というコースを半年間受けたのです。

あらゆる角度から(英会話実践、通訳、TOEIC、英文学、洋画など)
英語を学んだことがすごく新鮮でとても刺激になりました。
そしてその時は心から楽しんで学べました。

2回目はカナダにほぼ3年滞在した後に、
この勉強法はいいんじゃないかと
自分の方法(現在私が行っているコーチングに近い方法)で勉強した時です。

言葉を学ぶ時には、その言語を学ぶ方法だけでなく、
勉強する時のマインドセットがそれ以上に大事だと思っています。

日本人はどうしても英語を他の科目と同じように
「学ぶ」というスタンスになりがちですが、
英語はハウツー本を読んでも話せるようにはなりませんし、
そういう物、人に頼るのではなく
(モチベーションを保つためまたはそれをきっかけにするなら良いと思いますが)
スポーツと同じで繰り返し、自分に合った方法で行うことが大事なのです。

百人百様、一人一人に合った方法があるのです。
人それぞれ自分に合った方法で、
「楽しみながら」というところがポイントだと思います!
きっとそこまでいくと勉強しているという感覚なんてなくなると思います。

そして、英語に触れていることが、
毎日歯を磨くことと同じくらい習慣化されると
「英語をつぶやいてないと気持ち悪い~!」くらいに思えるでしょう。

英語のコーチングでも私は英語を教えるという感覚はなく
生徒さんが英語を使って自分のやりたい事を達成し
英語のみならず、人生のどんなことにおいても自立できるように
お手伝いができればと思っています。

英語が話せるとこれまで自分が見えていなかった
世界も見えてくるので、その世界を多くの人に味わってほしい
なあーと思う今日この頃です(^.^)



Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です